修理・点検
REPAIR & MAINTENANCE

弊社製品の修理・点検方法をご説明いたします。

  • 修理対応
  • 定期点検

修理対応Repair

お客様ご自身で行える交換作業

以下についてはお客様ご自身で対応していただけます。

電球・ヒューズ交換

各製品ごとに詳細をまとめております。
作業手順については製品資料ページをご覧ください。
交換部品については交換部品ページをご覧ください。

訪問修理

以下のようなトラブルがございましたら、訪問修理をさせていただきます。
営業所一覧ページより担当支店をご確認のうえ、お電話ください。

電球・ヒューズは切れていないが、点灯しない

訪問修理をさせていただきますので、モデル番号を確認後お電話ください。

バランス不良

お客様ご自身で調整いただくことも可能です。調整方法を解説した動画がございますのでご確認ください。
分からない場合は訪問修理をさせていただきますので、モデル番号を確認後お電話ください。

その他(フォーカス不良、暗い等)

訪問修理をさせていただきますので、お電話ください。

定期点検Maintenance

お客様ご自身で行えるメンテナンス

以下はお客様ご自身で行っていただけるメンテナンスです。
年に一度はチェックシートに沿って定期点検を行っていただくと、安全にご使用いただけます。

滅菌ハンドルの洗浄滅菌方法

  • 洗浄剤は中性タイプを使用してください。
  • 洗浄後、十分な水量と時間をかけて洗浄剤をすすぎ落とし、しっかりと乾燥してください。
  • 滅菌はオートクレーブで行い、134℃を超えない温度にしてください。
  • 各温度の滅菌時間例: 121℃ → 20 分 134℃ → 7 分
  • オートクレーブ滅菌回数「300 回以下」で滅菌ハンドルを交換してください。

※注)BR01H仕様滅菌ハンドルはオートクレーブ滅菌回数「150回以下」で滅菌ハンドルを交換して下さい。

【警 告】
ひび割れ等劣化した滅菌ハンドルは、手術中に落下または破損するおそれがあります。使用前に点検し、交換してください。

灯部外装面の清掃・消毒

【推奨する薬剤】
  • 除菌洗浄剤:ハイプロックス0.5%
  • 消毒剤:ミルトン0.1%

上記薬剤をガーゼ、クロスなどに浸し、固く絞った後に灯部外装面を清拭してください。最後に乾いた清潔なガーゼ、クロスで重ね拭きしてください。

お客様用点検シート

SKYLUX手術用照明灯チェックシートをダウンロードしてご使用ください。

保守点検

医療機器の保守点検は医療法および薬事法により定められています。

医療機器の保守点検に関する計画の策定と適切な保守点検の実施が必要です。
厚生労働省令で「特定保守管理医療機器」が規定されており、手術用照明灯はクラスIに該当します。

医療機器の保守点検を業務委託することが可能です。

当社にて代行保守による充実したアフターサポートを行っております。

手術用照明灯 整備点検内容

1大回転部
流れ、異音、点滅などはないか
2小回転部
流れ、異音、点滅などはないか
3エレベートバランス
任意の位置で固定出来るか
4灯体上下バランス
任意の位置で固定出来るか
5灯体左右バランス
任意の位置で固定出来るか
6灯体前後バランス
任意の位置で固定出来るか
7焦点集光(パターン)
焦点がバラつかず集光出来るか
8焦点機構
フォーカスに関する内部機構や動作の確認
9リフレクター
くもり、剥離、ひび割れなどはないか
10フィルター&ディフューザー
くもり、汚れ、ひび割れなどはないか
11パッキン
亀裂、変形、ひび割れなどはないか
12電球&ソケット
違う電球の使用や劣化はないか
13ヒューズホルダー
違うヒューズの使用や劣化はないか
14調光スイッチ
調光に関する電気回路、部品の劣化はないか
15ハンドル取付け部
ハンドルマウントのガタ付きや、ハンドルの脱落はないか
16ツナギパイプ取付けビス
緩みや脱落はないか
17照度測定
最大照度の測定